気仙茶聞き書きおまけ編~気仙のお茶っこ飲み民俗学~

kesenfolk.exblog.jp
ブログトップ

「わらじ脱ぎ場」のこと

「どっから来た人が、一番最初に、どっかの家に来てね、その家の世話になるわけ。その人が独立して家建てて分かれるんだけど、その家は、まず一番大事なとこ。自分の本家より。んだから、『わらじ脱ぎ場』を大事にしなさい、って。」(2015.2.25 米崎町内の仮設住宅集会場のお茶っこ会にて)

わらじ脱ぎ場を、「気仙郡語彙集覧稿」で見ると、載っていました。

ワラジヌギバ【草鞋脱場】
①他地方から入ってきた落人が、土着定住する時最初に世話になった家をいう。先祖が草鞋を脱いだ家をいまなお本家として崇め、幾代も親戚つきあいをしている。
②ゼァゴの人が、祭事、市日に出て来た時、休んだり昼食を食べたりする家。(→ハバキヌギ)


でも、米中仮設でお聞きしたお話しでは、本家とわらじ脱ぎ場は、区別しているようです。

「〇〇(ある屋号)が実家の本家だっけね。つけ本家の人達ね。だって△△って(〇〇とは違う苗字だから)。だけんと、旅人みたいだ」

「わらじ脱ぎ場」、と、「つけ本家」、は、同じことなのでしょうか??またお聞きしてみたいと思います。


「だから〇〇では、いっぱいあるがすぺ(たくさんの人の「わらじ脱ぎ場」になっているでしょう)。世話好きな人なんだべね。他所から来た人を世話して、あんだ、ここさ行った方いい、とかね。ここに空家があるとか空地があるから丸太でもなんでも家建てて住め~とか。」

-わらじ脱ぎ場は今でも大事にされているんですか?

「大事だと思いますよ。うちの実家では。何百年もだよ。んだから、何かした場合には、一番上に(上座に)そこの人を。冠婚葬祭の時はね。『わらじ脱ぎ場のだれだれ」とは言わないけども、大体わかるからね、この家のあれなんだなあ、って。苗字が違うから。苗字がそのまんまで親戚づきあいしてるということは、そういうこと」

すごいことですね。何百年も前にお世話になった家を、子孫が今でも大切にお付き合いしているということなのですね。

でも別の方は、また違うお話をしてくださいました。

「この頃、冠婚葬祭も簡素化されて、『どうして苗字違うのに来たんだべ』って。んじゃ、ああいうの、切り捨てましょう、となったわけ、うちでは。昔は冠婚葬祭するには、その人頼らなくちゃならなかったけど、今、何も、お金頼りにして。近代化なってきたもんね。昔のようなやり口ではないもんね。昔のようなやり口では、またちょっとやれないもんね。人数も一杯になるしね。」

確かに、冠婚葬祭を、以前は全て家で行っていたものが、結婚式場、葬祭会館などが利用されるようになり、だいぶ様がわりしてきたのでしょうね。

それでも、ごく最近まで、あるいは、現在も、「わらじ脱ぎ場」を大切にしてきた、という文化には、目を見張ってしまいました。お世話になったことは、何代も忘れない、という義理堅い気質も感じ取れますし、また、親たちが行っていることを大事に引き継ぐという考えも強いのではないかと思いました。
また、一方、何百年も前から、旅人(落人?)が定住するということが、「わらじ脱ぎ場」という言葉が一般的に使われるほどに、多かったのかな、とも思いました。やはり、海を渡ってたどり着いた人々なのでしょうか。あ、陸前高田には玉山金山があり、産金をしていましたね!そこに集まってきた人も、わらじ脱ぎ場にお世話になったのでしょうか。
陸前高田は、以前から、他所から来た人々に対して友好的な土地柄のように感じていましたが、「わらじ脱ぎ場」に象徴されるような、よそ者を受け入れて世話をする、という文化・気質や伝統が、あるのかな、とも思いました。
[PR]
# by kesencha-minzoku | 2015-04-06 07:40 | 人間関係

カセドリ・サセゴ

陸前高田市内でのお茶っこ会で、小正月の行事「カセドリ」のことをお聞きしました。

米崎町内の仮設住宅集会場で伺った、小友町で育ったYさんのお話は、こうです。

「皆さん、カセドリって知らなかった?
私たちの世代が最後。その時はね、男の人達は虎舞する日なのす。15日。
女は虎舞しないから、めぇげぇで、うどん上げる『たも』ね、それを持って、顔できれば隠して『かせどーりよいよいよい』って。いわば体のいいホイドなんだでば。
餅ついてるから、餅入れる家もあれば、『ほれほれ餅ついてないからだんごやっから』とかね『ほれお菓子けっから』ってあってね、いっぱいざくざくとなって。袋背負って歩いてね、『この家ケチだな』とかね。お金じゃないんだよね。
『かせどーりよいよいよい』と(下を向いてたもを差し出す)『ばーばーばー、ほれほれほれ』とね。」

小友町のYさんのところでは、女の子が、たもを持って家々を訪ね、お菓子や餅・だんごをもらって歩く、というものだったようです。

カセドリ、を、気仙郡語彙集覧稿でひいてみました。

******************************************
カセドリ
正月15日にする行事で、昔はナルゴ(鳴子)といって、木片に竹の割ったものをつけたり、あるいはブリキを細く切って、ザクザクと音をさせて歩いた。
******************************************
とあります。

さらに、柳田国男集の中の「行商と農村」という文章から以下の引用をしています。

************************************************
行商と農村「西南端の気仙郡などには、カセドリとサセゴとの二種の語があった。前者は成年の男子が鳴子を腰に附け、蓑笠を着て餅を貰ひに来るものの名、後者は児童が夜に入って歌をうたひつつ来るもののことであって、是は、
 明きの方からサセコドリやまゐた。
  姉さんどっさりお祝ひなさえ
などと謂った」(『柳田国男集』16巻453ぺ)。
************************************************

鳴子、については、広田のDさんからの話でお聞きしました。

「泊あたりでは、あわびきゃあ(あわび貝)、つないで、ガラガラガラガラと、『かせどーり よいよいよい』ってひっぱって歩いた」

語彙集覧稿では鳴子は「木片」でしたが、広田あたりでは、鳴子としてあわび貝を使った、というのが、興味深いです!
なお、後日Dさんに聞いたところでは、あわび貝を縄でつないで、その縄を持って鳴らして歩いたということでした。ザルを持った「貰いっ人」と声をかける人、など、役割があり、最後に集まって山分けにしたのだそうです。


さて、米崎町内の仮設住宅集会場の話に戻ります。
Yさんの話を受けて、Iさんからも声が上がりました。

「おれだぢ『サセゴモレェ』。『させごーに、なんだかかんだか』って。」

またOさん(高田町)も、思い出してきて、話してくださいました。

「『アキの方からさせごがまいったまいった』『こちらのだんなさん、どっさりどっさり』ていうとね、餅から何から。みかんも貴重だったから『何人来たんだえ』ってね。
もらっても、もらったもの全部広げるわけだ。さぎょうじょ、ってのあったから。」

これは、「サセゴ」と呼ばれる行事ですね。

***********************************************
サセゴ(気仙郡語彙集覧稿)

広田では小正月の夜は、カセドリと同様に厄年の者がサセゴに出る。
「アキの方からサセゴがめえった。ザッコンモッコン」
などと唱えて、餅を貰って歩く。この行事は、宮城県中部から岩手県気仙郡にかけて行われており、前述のカセドリと同じ行事で、サセゴの意味は馬の鼻を取るサセトリの意であるといわれている。
************************************************

Yさんのところでは、女の子だけの行事とのことでしたが、Oさんのところは男の子も入ったようです。

「男の子もはまってね。おやつないから。なんとなく、おねだりっぽいような。この日だけは許される、みてえな。


「今の言葉でいえば、カドヅケなんだよね。大目に見られてやったよね。」

お囃子を歌いながら子供たちが家々をまわってお菓子などをもらう・・・想像しただけで、楽しい雰囲気が伝わってきます!
なんか、アメリカのハロウィーンも、似てますね。

それにしても、このような行事はいつまで行われていたのでしょうか?

「6年生くれえまでだなあやっても。」(Oさん)
「先輩がやらないから、私もたぶん低学年の頃で終わった。」(Yさん)

Oさんが6年生だったのは、昭和28年頃。Yさんが3年生だったのは、昭和36年頃です。

「昭和35、6年。そこから高度成長になるから、そんなことする人なくなった。」
とのお話でした。


ところで、皆さんから
「今もどっかでやってるっけがね。テレビで。」
とのお話がありました。

カセドリ、全国的にもある行事なのでしょうか??

ウィキペディアに、カセドリ、の項目がありました。
*****************************************************
カセ鳥(カセどり)は、山形県上山市で毎年2月11日に開催される旧暦小正月の祭事。名称は「稼ぎ鳥」または「火勢鳥」に由来しており、商売繁盛や火伏せを祈願するための行事とされている[1]。

祭りが始まると、数人の若者たちが「ケンダイ」とよばれる藁蓑を身にまとい、からかさ小僧にも似た妖怪「カセ鳥」に扮し、上山城前の焚き火を囲み「カッカッカーのカッカッカー」と歌いながら踊り回る[2]。町の住民たちは踊っているカセ鳥たち目掛け、冷水を勢いよく浴びせる。真冬の北国で冷水を浴び、ときにはその水が凍りつくこともあるという過酷な状態の中、カセ鳥はなおも踊り続け、町へ降りてさらに踊り続ける。踊り終えたカセ鳥たちは、住民たちから酒や祝儀を振舞われる。頭に手拭をくくりつけられることもあるが、これは商売繁盛の呪い(まじない)とされる。また水をかけられるのは、水商売の繁盛を祈る意味もあるといわれる[1]。

上山地方では寛永年間からこの祭りが行われており、1896年(明治29年)以降は途絶えていたものの、上山市でこの行事を復活させようと活動が始まり、1959年(昭和34年)に再現され、1986年(昭和61年)にはカセ鳥保存会が結成され、後に至っている[3]。

また、かつては上山市だけではなく、日本全国で小正月に蓑をかぶった者が人家を訪ね、このように「カッカッカ」と鳴いて祝儀をもらうという風習があったといい、秋田県の民俗行事として知られる「なまはげ」など、類似性の見られる行事も多い。祭日に異形の姿を纏った者が現れるという点で、ケルトの伝統行事であるハロウィンと共通しているとの指摘もある[1]。
(ウィキペディア「カセドリ」)
***********************************************************

上山のカセドリは、「蓑笠」を着て、「冷水を浴びせられる」のですね!
柳田国男の文章では、気仙郡のカセドリは、「成年男子」「鳴子」「蓑笠」ではありますが、「冷水」を浴びせられる代わりに、餅をもらっています。

そして、Yさんの話では「女の子」が「たも」で「餅・だんご・お菓子」をもらう行事に変化していますし、Dさんの話でも「鳴子」は残っているものの、「ざる」で餅・だんご・お菓子をもらったようですから、いずれ「蓑笠」はなくなっています。
いつの頃からか、蓑笠を着るのは省略され、子供たちが餅やお菓子をもらって歩く行事に変化したようです。
[PR]
# by kesencha-minzoku | 2015-04-06 07:38 | 年中行事

あさばみ

・年寄りは朝ごはん前にお茶飲むね。子供たちも「アサバミ」だって起きっずっと、何かかせ(食わせ)られたね。まず、干し柿だったり。ご飯前に何かかせられたね。飴玉一個でもね、干し柿一個でも、まず節節のもの。(Sさん)
・一応の習慣として、朝食の前に、アサバミ。起きてから時間があったから。(Kさん)
・「ほらほらほら、アサバミだ」って。高田町に行った時に、高田町で買ってくるんだべね。昔は子供7人8人だもんね。6人5人は少ない方だもんねえ。(Kさん)
(以上、140324 広田水産グランド仮設での聞き取り)

・子供でも何かお手伝いしたもんですよね。昔は炉辺で火を熾すから、その周りの板の間がほこりで白くなって、それを板拭きして。それ終わると「あさばみけっから」って、ごほうびで。なべやきの残りとか。なべやきにご飯いれたものとか。
(以上、141119米小仮設での聞き取り)

気仙郡語彙集覧稿を引いてみます。
****************************************************
アサバミ・・・【朝食】アサナガシに同じ。
バミは『万葉集』の「瓜ハメば子供思ほゆ栗ハメばまして偲はゆ」の食むの転。武士が禄をはむというのがその動詞形である。
アサバミは旧伊達領のみにあり、旧南部領のアサナガスに対峙するような形となっている。しかし世田米あたりではアサナガシと老人がいう。気仙の食事は次の通り。

①アサバミ 午前5時前頃。朝食前の軽い食事。小豆バット、蕎麦餅、小麦餅などをたべる。
②朝飯 午前7時~8時頃
③タバゴ 10時~11時頃。蕎麦餅、ナリイモ(馬鈴薯)、カマ餅、コーセン等。
④オヒル 12時~1時。
⑤コジューハン (小昼飯) 3時頃。握飯、麦飯で年に4~5回位。
⑥ユーメシ 5時~8時頃。
⑦ヨーナガ ヨワリ(夜業)をした時に食べる。干柿、栗の実、干しあわび、鯣(するめ)、蕎麦餅、蕎麦切、蕎麦ネッケァ等が主なものであった。
****************************************************

アサバミは、西の方でいえば「おめざ」でしょうか。
[PR]
# by kesencha-minzoku | 2015-04-05 09:01 | 習慣・風習

うだでぁでなぐ

気仙町Mさんの聞き書きより

「(茶の木の剪定を)うだでぁでなぐにやったんだ」

うだでぁでなぐ?????

どんな意味でしょう?気仙郡語彙集覧稿を引いてみました。
うだでぁな という見出し語で、載っていました。

***********************************

うたてやなの転。いやだ。気持ちが悪い。見るに耐えない。すべて気分の悪しきものへの感動忌避の詞。普通ダッデァナという。

**************************************

なお、この言葉は、「古事記」「万葉集」にも遡るようである。再び、気仙郡語彙集覧稿より。

***********************************
『古事記』上 「猶其悪態不止而轉」,
『万葉集』(12)「何時ハナム,恋ヒズアリトハ,アラネドモ,得田直コノゴロ,恋ノ繁キモ」
とある。
うたては,意志にかかわらず心情がどんどん進む,不快な感情が次第に募るをいう。
『名義抄』に「漸轍転,うたた」とある。気仙のウタデァはこれらの得田直,轉の転。
********************************************

実際、うだでぁでなく、とおっしゃっていたのを考えると、
見出し語は、「うだでぁ」、の方がよかったようにも思います・・・

ところで、「うだでぁ」は、青森、秋田でも使われる言葉のようです。
古語が一部地域に残っている、という例ですね。
岩手でも、他地域ではよく使うのでしょうか???
[PR]
# by kesencha-minzoku | 2015-04-05 08:59 | 気仙語

気仙郡語彙集覧稿

聞き書き集の全編を通して参照したのが、「気仙郡語彙集覧稿」という4.5センチもある分厚い辞典です。

この本を見つけたのは、気仙茶の会のD先生とOさんが、雫石の我が家に飲みに来てくれた翌日、D先生、
Oさん、佐藤、前田の4人で、盛岡の「肉の米内」で冷麺を食べに行ったのがきっかけでした。
その日は祝日で、肉の米内には行列ができていました。店の外で待つことになったD先生の目に入ったのが、お向かいの古書店。「ちょっと行ってきます」というD先生の後を追って佐藤も店内へ。そこで佐藤がこの本を見つけ、すかさずD先生が買って、更に私に貸して下さったのでした。

開いてみると、著者は菊池武人さんという住田町の方。監修は、岩手の方言研究の第一人者だった小松代融一先生。編集が、岩手の歴史・民俗研究で著名な金野静一先生。出版が住田町、という本でした。

気仙の方言の辞典として、たくさんの見出し語があり、また、説明は単なる言葉の意味というだけでなく、習俗の詳しい説明、地域による違いまで解説していたりして、とても読んで楽しい内容だと感じるものでした。

その後、金野静一先生の「編集後記」を読み、この本が出版されるまでの紆余曲折と、関係者の尽力に、心動かされました。

菊池武人さんは、昭和16年生まれ、住田町出身で、高田高校にて金野静一先生の教えを受け、その後「師(金野静一先生)が菊池君の才能を惜しみ、そのはからいで早大(早稲田大学)第二文学部(夜間)に入学し」(小松代融一先生の「監修に代えて」より)、その後、成績抜群なため、第一文学部(昼間)に転部し学んだのだそうです。

在学中に、「大隈重信奨学金」として当時のお金で5万円を得た菊池武人さんは、そのお金を全額投資して、「気仙方言誌」を大学2年時に著わしています。その後は、千葉県流山市にお住まいになり、言語や民俗学研究とは無関係と見られる職業(自動車部品の営業職)にありながら、一方で、これらの研究を長年続けてきたそうです。

この本の原稿を見た際の思いを、小松代先生はこう書いています。
「孜々として蓄積すること恐らく30年は越すと思われる長い年月、そして今ここに1,000頁に近い厖大な書冊を目前にして、1人の人間のたゆみのない努力は、こうも見事に結実するものかと、まず長嘆息をあげるのが精一杯であった。」

平成2年7月には、小松代先生が、「監修に代えて」を書いていますので、その頃には既に原稿はまとまり、出版を目指していたのでした。しかし、その後出版に至ることなく、止まってしまっていました。

平成7年7月、菊池武人さんが別の著書「近世仙台方言集」を出版されました。その出版記念祝賀会の席上で、菊池さんと小松代先生と金野先生の3人で、「採算的には困難であるが、何とか気仙語(気仙郡語彙集覧稿)の方も出版したいものだ」と話し合い、いずれは刊行にこぎつけるつもりでいたそうです。

その後、菊池武人さんは、住田町史編集委員に任命されて、「民俗編」「通史編」等の有力な執筆者の一人として活躍されていたそうですが、

しかし、平成10年9月、菊池武人さんは、かねてからの病によって、50代半ばで、急死なさったのです。

金野先生は「「学究生活」の始まりが、まさにこれからという矢先の急死であった。本人の無念や、さぞかしであったものと、今想っても涙を禁じ得ない。」
と書いています。

小松代先生も、金野先生あてに次のような手紙を出したそうです。
「晴天の霹靂のような、金槌で頭をグワンと一つ殴られたような衝撃を受けました。先生に武人君を紹介して頂いてから、彼の正直な人柄と、方言に対するこの上ない熱意とに打たれ、将来のかけがいのない後継者として信頼していましたのに。(以下略)」

しかし、その小松代先生も間もなく、亡くなられたのだそうです。

そして、菊池さんの「気仙郡語彙」の原稿はそのままになり、著者も監修者も、この世にはいなくなってしまったのだそうです。
金野先生は
「1人残った私であるが、正直のところ、この原稿にはなるべく遠ざかりたい気持の方が強く、それだけ、菊池君や小松代先生を思い出したくない気持が先に立つという心情であった。」
と書いています。

しかし、金野先生は、住田町史の編集作業等のことで、住田町の菅野剛町長や紺野哲男助役、多田欣一総務課長との打ち合わせの中で、「気仙郡語彙」の一件をお話しし、できるなら印刷・発刊したいとお願いしたそうです。すると、大変好意的に受け取られ、ついに、平成13年秋、「気仙郡語彙集覧稿」として住田町から発刊される計画が正式に決定し、平成14年3月25日、発行されるに至ったのだそうです。

「気仙郡語彙集覧稿」は、著者の菊池武人さん、そしてこの本を世に出そうと尽力された全ての方々に感謝の気持ちが湧いてくるような本です。
そして、気仙語や気仙習俗の豊かさや興味深さというものにも、改めて思いを致します。

なお、昨年度までは、住田町で、この本を販売していました。1冊5,000円です。(今年度はわかりませんが)お問い合わせは、住田町教育委員会までどうぞ。
[PR]
# by kesencha-minzoku | 2015-04-04 15:03 | 参考文献