気仙茶聞き書きおまけ編~気仙のお茶っこ飲み民俗学~

kesenfolk.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

真っ赤の大根と生きたどじょう???-大根の年取り・恵比寿講-

◆「まっかの大根」と「生きたどじょう」を神棚に供える

米中仮設の集会場で、12月に、「まっかの大根」と「生きたどじょう」を神棚に供えた、というKさんのお話をお聞きしました。Kさんは、子供の頃は高田町大石という山手で育ったので、その時の思い出だそうです。

まっかの大根?真っ赤な大根のことですか???とお聞きしましたら、「赤い大根でねぐ、『まっか』、二股になっている大根だ」ということ!
それを、色っぽいことに、嫁ご大根、と呼んだりもするのだそうです、うふふ。

・まっかの大根(足出てるのね)それさ、どじょうすくってこ、って言われて、どじょうすくって、神様に母さんがど上げたったな。生きてるやつ。まっかは二股のこと。家は高田町の山(の方)。一中のそば。田んぼあって。かならず、二股の大根と、オスと、一緒に上げんだっけな。(Kさん)


ええ~??生きたどじょうを神棚に供える???大根とともに???
たくさんの?マークが浮かんできました。

それにしても、オスの大根!は、まっすぐな大根らしいです。
いわゆる、金精様的な。おお~

それを受けて、米崎町のMさんが、おうちでの経験を話してくれました。

・オエビス様のとき、エビス大根、ってね。十二月あたり、恵比寿様の日だかなんだか、二股の大根と、あとほら男大根と、神様さ上げた。御膳さ揃えて上げたもんだ。神棚でなく、シタメエ(下前)さ。そろえて上げたもんだでば。それさ浜のお魚上げた(Mさん)


お二人のお話しから、Mさんは浜が近いから浜の魚を、Kさんは山手なので、川の魚を供えたんでないかな、と推測も、同席の皆さんからは語られていました。
(そしてやっぱり、二股大根と、オスの大根・男大根はセットなわけですね)

気仙郡語彙集覧稿を引くと、まっか大根のことや、恵比寿講、大根の年取りについて、それぞれ書いています。これをみると、どうやら、12月20日の、魚を供える恵比寿講と、12月10日の、まっか大根を供える「大根の年取り」が、家庭によっては、時期が近いため一緒に行われたのではないか、と思われます。(続く)
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-03-03 16:59 | 年中行事

柿の「さし方」

◆さし柿・さわし柿/柿をさす・柿をさわす

さす・さわす、とは、渋をぬくこと。庄内などでも「さわす」というようで、古語由来という説もあります。

◆ぬるま湯で渋抜き

渋柿の渋を抜く方法として、今は焼酎を使うのが一般的だと思いますが、昔は、「ひと肌くらいのぬるま湯」に、柿と、特定の植物を入れて、一晩から一昼夜、漬けて置いたそうです。
「クドに羽釜をかけて湯をわかし、ぬるま湯にして使った。保温のために鍋を藁で囲っておいた。食べるときは、ぬるいくらい。冷たくはない。」とのことです。
ぬるま湯に柿と一緒に入れる植物は、蕎麦殻(そばの茎)、みょうがの葉やカキドオシ、カキズラ、スイカズラなどを使ったそうです。


今では、焼酎で渋抜きしますが、当時は焼酎は貴重なものだったのでしょうね。でも、身近な草で渋抜きができるとは驚きでした!そして、ぬるま湯で、ぬるまった甘い柿は、冷たい時より一層甘く感じられたのでしょうね。


◆塩水で渋抜き

海の近く(浜)に住む人は、海までコガ(樽)を持って行って、潮水を汲んで、その中に柿を入れて漬けて食べたとのこと。しょっぱいということはないそうです。
「漬け物のコガに、漬物と一緒に、烏帽子柿(小さくて尖った柿)を入れると、すぐに渋が抜けて食べられた。」と教えてくれた方もありました。


海水をこのように使うというのは、びっくりでした!そして、漬けた柿は、渋が抜けて甘いが、しょっぱくはないというのも不思議です。浜の人は、海水で、山の人は草で、と、それぞれの身近な自然を最大限に活用していたことに感じ入りました!
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-03-02 23:16 | お菓子・料理