気仙茶聞き書きおまけ編~気仙のお茶っこ飲み民俗学~

kesenfolk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:習慣・風習( 4 )

しづけけえこ(躾稽古)

◆躾稽古(しづけけえこ)

・この辺では、伊達藩の「しづけけえこ」(躾稽古)っていうんだけど、そういう文化が残ってるんです。作法の、小笠原流のね。代々やってる家で、その人達が、躾稽古(しづけけえこ)、って作法と一緒に、料理も教えて歩いたんです。だから【冠婚葬祭の】家の料理には、みんな袴履いた「中座(ちゅうざ)持ち」ってね。「お召し上がりください」とか「お控えください」とかって司会役をやって。
作る人は行って作ったりね、そういうことする文化。ゆべしも羊羹もがんづきも、作る方がいて、昔の、昭和の二十年代三十年代は、その人を頼んできて。はい羊羹つくる、はいゆべし作る、はいがんづき蒸かすって。よかちんさんという人は最後までやった方だけど。踊りっこ踊るんだでば「はよっかちん、よっかちん」ってね。料理その人頼んでたから、必ず婚礼にも出るでしょ。
・昔は泊りがけで練習したもんです。母親のおじんさん【おじいさん】がわかってた。一週間から十日くらい、その地域に泊まって、作法教えたり。水引のやり方とか、たたみかたとか。かあさんのおじいさんがやって、よく語ってきかせられた。
買うもんじゃなく作るもんだってね。同じお金で、買うより作れば大きいのができるでしょ。手間暇かけてやるということ。
・【躾稽古では】作法と、謡、高砂とか四海波とか、料理と、ややもすれば踊りまで。座敷踊り。よくやってるのは、「おいとこ」なんか。
昔、専門のお稽古の教室がないから、そういう人を頼んで、農閑期に、一週間どこそこの家に泊まって、みっちり教わろうって。「しづけがたけいこ」って男の人ね。
・女の人達もやった、わたしたちは。礼の仕方もいくつかあって。
・まな板があってね、こういう魚の作り方もね、母の実家にありましたよ。伊達藩のハンコを付いた。免許皆伝だったんですね。おらはそんなので飛行機作って遊んだがねえ。【その文書が】かごに入ってありました。そういう人が町内に一人か二人かいて、お振る舞いの時、迎えるから「本日は」から始まってね。高砂終わってお膳だ、となっても、その人言わなきゃお膳運べなかったのね。
・中座持ちに従って、下回りの人は動かなきゃねえの。
うちのお父さんは、全部食べ上げて、「すいません、お茶ください」って言ったのね。「ちょっとお待ちください。みんな召し上がるまではお待ちください」終わったらこう見て「ただ今よりお茶を差し上げます」ってね。自分が飲んでみて、ちょうどいいなら「ちょうどいい湯加減ですから、どうぞお召し上がり下さい」ってね。
・中座持ちは腹減っててやれってね。婚礼に来る人達お腹すいてるから、中座持ちお腹一杯だと気持ちわかんねえから。(米中仮設にて)
[PR]
by kesencha-minzoku | 2016-03-01 11:33 | 習慣・風習

へびむかで

へびむかで。広田水産グランド仮設住宅さんにお邪魔して、初めてこの言葉を聞いた時には、なんなんだろう????とびっくりしました。

小正月の風習だそうです。

・小正月に。らっつぉくを燃やして、煙を足だの、頭だのね、へびむかでにかれないようにってなあ。(広田町YKさん)

・正月に「へ~び~ むかでに かれない ように、虫けら~に~ さされないように」ってやったんだ。(広田町KKさん)

へ~び~むかでに♪ は、節とリズムのある歌になっています。
(聞き書き集には楽譜を載せています)

ところで、皆様は、「らっつぉく」はわかりますか?
私は、高田に通うようになって知りました。
初めて出会ったのは、お盆の頃の、スーパーマイヤ竹駒店でした。
入口すぐのところに、山と積んである、木の束のようなものの名前が「らっちょく」。
初めて見る言葉でした。

これは、苧殻(麻の皮をとった幹のところ)を短く切って、先に赤く着火剤をつけたもので、迎え火を焚く時に使うのだそうです。盛岡の我が家では、カバ(白樺の皮)を焚きます。地域によって焚くものが違うとは、知りませんでした。

らっちょく、について調べてみると、こちらのページが見つかりました。
こちらによると、蝋燭(ろうそく)の古い呼び名。平安時代頃までは、らっちょくと言われていたそうです。

また、岩手の民俗芸能の雑誌「とりら」のblogでも、らっちょくのことが書いてありました。
大船渡の盛の市日でも売っているのですね。お盆を迎えるにあたって、なくてはならないものなのですね。
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-04-20 10:41 | 習慣・風習

カラスに豆腐をやる

・大根も土の中に入れたから。畑からすぐと穴掘って、高く土盛って。そして、なんだか、豆腐上げたんだよ。その上さ豆腐上げてカラスさ食わせんべって。あとのものをいたずらされねえように、豆腐を串さ刺して上げたもんなんだでば。正月前に。大根は穴さただ入れてた。そして、ネズミにいたずらされねえように、穴の周りに杉っ葉。取り口に置いた。(米崎町 Mさん)

・今の一丁の豆腐を四つくらいに切って、串にさして、味噌つけて焼いて、沼のほとりに並べて挿してね、「カラスカラス豆腐喰え」って、カラスさサービスしたんでねえべかね。農作物さいたずらしねえように、カラスさお願いなんじゃねえべかね。(米崎町 Sさん)

・豆腐、四角く切って、木さ刺してね、うちさ、田んぼの真ん中に祠があったでしょ。そこさ持ってって。何日にやったかそれは覚えてない。昔いろいろやりました。(竹駒町で育ったCさん)

(以上、米中仮設での聞き取り)
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-04-20 09:46 | 習慣・風習

あさばみ

・年寄りは朝ごはん前にお茶飲むね。子供たちも「アサバミ」だって起きっずっと、何かかせ(食わせ)られたね。まず、干し柿だったり。ご飯前に何かかせられたね。飴玉一個でもね、干し柿一個でも、まず節節のもの。(Sさん)
・一応の習慣として、朝食の前に、アサバミ。起きてから時間があったから。(Kさん)
・「ほらほらほら、アサバミだ」って。高田町に行った時に、高田町で買ってくるんだべね。昔は子供7人8人だもんね。6人5人は少ない方だもんねえ。(Kさん)
(以上、140324 広田水産グランド仮設での聞き取り)

・子供でも何かお手伝いしたもんですよね。昔は炉辺で火を熾すから、その周りの板の間がほこりで白くなって、それを板拭きして。それ終わると「あさばみけっから」って、ごほうびで。なべやきの残りとか。なべやきにご飯いれたものとか。
(以上、141119米小仮設での聞き取り)

気仙郡語彙集覧稿を引いてみます。
****************************************************
アサバミ・・・【朝食】アサナガシに同じ。
バミは『万葉集』の「瓜ハメば子供思ほゆ栗ハメばまして偲はゆ」の食むの転。武士が禄をはむというのがその動詞形である。
アサバミは旧伊達領のみにあり、旧南部領のアサナガスに対峙するような形となっている。しかし世田米あたりではアサナガシと老人がいう。気仙の食事は次の通り。

①アサバミ 午前5時前頃。朝食前の軽い食事。小豆バット、蕎麦餅、小麦餅などをたべる。
②朝飯 午前7時~8時頃
③タバゴ 10時~11時頃。蕎麦餅、ナリイモ(馬鈴薯)、カマ餅、コーセン等。
④オヒル 12時~1時。
⑤コジューハン (小昼飯) 3時頃。握飯、麦飯で年に4~5回位。
⑥ユーメシ 5時~8時頃。
⑦ヨーナガ ヨワリ(夜業)をした時に食べる。干柿、栗の実、干しあわび、鯣(するめ)、蕎麦餅、蕎麦切、蕎麦ネッケァ等が主なものであった。
****************************************************

アサバミは、西の方でいえば「おめざ」でしょうか。
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-04-05 09:01 | 習慣・風習