気仙茶聞き書きおまけ編~気仙のお茶っこ飲み民俗学~

kesenfolk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:年中行事( 5 )

観音講・精進講・山の神講・ジョウヤ

◆観音講・精進講・山の神講

・観音講と言って、ガガ様【奥さん】どが集まって、煮たり焼いたりする。
八日泊まった。ジョウヤずうとこがあってそこに。仕事しないで、飲んだり食ったり。
今は自然となくなった。(米小仮設にて)
・お精進講。「オショジンコ」って語んだけどね。
私たちの世代が最後。昭和三十年代。私たちが小学校の低学年くらいまで。年配の人達は後もやってたの。子供はやめたの。年配の年寄と、ががさまグループと、若妻と、子供たちで、日が全部違って。年寄(としょ)りはほら、嫁の顔見なくて済むし、若妻だって年寄(としょ)りの顔見なくていいし。そういう場だったの。名目がオショウジンコだったのね。
三日ぐらいしてました。ぎっちりやるんですよ。年寄りは泊まんないけど。
子供だちだけはなぜか泊まって。先輩だぢから、「こう料理すんだぞ」とか、やれとか、こう上下関係教えるんだっけ。中学校には【その年代になると】もうはぁ、ご飯は作れてるから。米と野菜と薪は持ち寄ってね。そして調理。ジョウヤってとこに私たちは泊まったの。
中学校三年生が頭になって。そして小学校一、二年は、寝しょんべんたれたり泣いたりするから帰る子もいるけど、泊まってもいい。ふとん持ってく。囲炉裏があるから温かいの。二十人くらい。各地区で。矢の浦(だ)と私たち【獺沢(うそざわ)】は別。合わせて一つの大きな公民館はあるんですよ、でも、別々の一つずつのジョウヤってのがあって。私たちの時、冬休み【にやった】。子供会ってあったからさ、冬休み行事あったんだよね。我々これ子供会行事としてやったからね。(米中仮設にて。小友町獺沢での子供時代のお話。)
・我々は十年くらいやったのかな、山の神講ってね。子供たち連れてきてね。こんなな小さい子どもたちも連れて来てね、若妻と。年寄りと。子育てについて話聞けるからね。私たち、やさしいから、赤ちゃんある人達あまり動かせないで、働ける人動いて。子育てしてる人は常に動いてるから、休ませたの。二十代から四十代全般くらいだね。保育園の子供有れば連れてくる、一年生くらいの子供あれば連れてくる、そして飲んだり食ったりしてね。夜十時頃までやったのかな。ま、何もないから。こたつさ入ってね。二月の十一日。仕事がない時期にやったのね。そして、珍しいものそこでは作ったりして。部落からお金でるから。そこでは、部落でこういうことやんねばなんねえよお、ってまた教えるわけ。
・浜人(はまど)の人達やってんだよね、男の人達ね。一月の十六日だったか。観音講。釜の蓋も開くってね。
・餅おいて、こうしてあぶると、お煎餅ができるの。煎餅機械【煎餅焼き器】持ってね。
「あの、もうしわけないけどあれ貸してけらっせん」って一軒に一つしかないそれ借りてきて、餅っこ、これくらいに切って、こうして合わせっと、煎餅ができるのね。
だから、その家さ行って借りると、家も覚えっがすと。(米中仮設にて)
[PR]
by kesencha-minzoku | 2016-03-01 11:31 | 年中行事

お農神様

広田水産仮設住宅でのお茶会で、次のようなお話が出ました。


・小正月に、藁で作った馬を、なりき(成木)さつなぐ。そこさ「あずきうどん」を供える。(広田町Sさん)

・藁で作った馬は、お農神様。お茶の木さつないだ。ただ置いてくる。そこにうどん作って供える。(広田町 Kさん)


お農神様は、つないだ木の豊作を願うものだったようですから、お茶の木も、お農神様をつなぐほどに、豊作を願い大切にされていたのだなあ、と感慨深く思いました。

この地域では、麦は多く作られていたようです。自家製の麦を挽いた小麦こなで作ったうどん。うどんといっても、讃岐うどんや稲庭うどんのような、細く揃えて切ったものだったのかどうか、聞いてみなければわかりません。

「あずきうどん」だったようですから、岩手県内なら、一関あたりの「はっと」「あずきばっと」、宮古の「あずきばっとう」のような、小麦粉をこねて薄く手で伸ばしたり、あるいは、きしめんのように幅広に切って、茹でたようなものだったのかな、と思いますが・・・。今度お聞きしてみたいと思います!
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-04-08 08:18 | 年中行事

成木責め

「成木責め」は、小正月の行事です。
成木(実の成る木)を切る真似をして、豊作を祈るものだったそうです。

・「なる~か なんねえか、なんざら なたもって きんなぐっぞ。なりも~す なりも~す。」
(成るか成んねえか。成んざら 鉈持って 切んなぐっぞ。成り申す 成り申す)
鉈の、みねだかなんだかで、軽くすんだっけ。団子の煮た汁を冷ましたやつをかける。(広田町Yさん)

・「なるかなんねえか、ならねばきんなぐっぞ。」
と言いながら、団子茹でた汁をかけた。(広田町Sさん)

・柿の木に行って、叩いて、「なるかなんねか、なんねばじょんぎりきんなぐんぞ」って。子供がやる。(米崎町 Kさん、子供時代は広田町で過ごした)

お囃子の言葉が少しずつ違っていますね。
「なりも~す なりも~す」というのは、成木役、で、このような問答をするそうです。
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-04-07 08:52 | 年中行事

カセドリ・サセゴ

陸前高田市内でのお茶っこ会で、小正月の行事「カセドリ」のことをお聞きしました。

米崎町内の仮設住宅集会場で伺った、小友町で育ったYさんのお話は、こうです。

「皆さん、カセドリって知らなかった?
私たちの世代が最後。その時はね、男の人達は虎舞する日なのす。15日。
女は虎舞しないから、めぇげぇで、うどん上げる『たも』ね、それを持って、顔できれば隠して『かせどーりよいよいよい』って。いわば体のいいホイドなんだでば。
餅ついてるから、餅入れる家もあれば、『ほれほれ餅ついてないからだんごやっから』とかね『ほれお菓子けっから』ってあってね、いっぱいざくざくとなって。袋背負って歩いてね、『この家ケチだな』とかね。お金じゃないんだよね。
『かせどーりよいよいよい』と(下を向いてたもを差し出す)『ばーばーばー、ほれほれほれ』とね。」

小友町のYさんのところでは、女の子が、たもを持って家々を訪ね、お菓子や餅・だんごをもらって歩く、というものだったようです。

カセドリ、を、気仙郡語彙集覧稿でひいてみました。

******************************************
カセドリ
正月15日にする行事で、昔はナルゴ(鳴子)といって、木片に竹の割ったものをつけたり、あるいはブリキを細く切って、ザクザクと音をさせて歩いた。
******************************************
とあります。

さらに、柳田国男集の中の「行商と農村」という文章から以下の引用をしています。

************************************************
行商と農村「西南端の気仙郡などには、カセドリとサセゴとの二種の語があった。前者は成年の男子が鳴子を腰に附け、蓑笠を着て餅を貰ひに来るものの名、後者は児童が夜に入って歌をうたひつつ来るもののことであって、是は、
 明きの方からサセコドリやまゐた。
  姉さんどっさりお祝ひなさえ
などと謂った」(『柳田国男集』16巻453ぺ)。
************************************************

鳴子、については、広田のDさんからの話でお聞きしました。

「泊あたりでは、あわびきゃあ(あわび貝)、つないで、ガラガラガラガラと、『かせどーり よいよいよい』ってひっぱって歩いた」

語彙集覧稿では鳴子は「木片」でしたが、広田あたりでは、鳴子としてあわび貝を使った、というのが、興味深いです!
なお、後日Dさんに聞いたところでは、あわび貝を縄でつないで、その縄を持って鳴らして歩いたということでした。ザルを持った「貰いっ人」と声をかける人、など、役割があり、最後に集まって山分けにしたのだそうです。


さて、米崎町内の仮設住宅集会場の話に戻ります。
Yさんの話を受けて、Iさんからも声が上がりました。

「おれだぢ『サセゴモレェ』。『させごーに、なんだかかんだか』って。」

またOさん(高田町)も、思い出してきて、話してくださいました。

「『アキの方からさせごがまいったまいった』『こちらのだんなさん、どっさりどっさり』ていうとね、餅から何から。みかんも貴重だったから『何人来たんだえ』ってね。
もらっても、もらったもの全部広げるわけだ。さぎょうじょ、ってのあったから。」

これは、「サセゴ」と呼ばれる行事ですね。

***********************************************
サセゴ(気仙郡語彙集覧稿)

広田では小正月の夜は、カセドリと同様に厄年の者がサセゴに出る。
「アキの方からサセゴがめえった。ザッコンモッコン」
などと唱えて、餅を貰って歩く。この行事は、宮城県中部から岩手県気仙郡にかけて行われており、前述のカセドリと同じ行事で、サセゴの意味は馬の鼻を取るサセトリの意であるといわれている。
************************************************

Yさんのところでは、女の子だけの行事とのことでしたが、Oさんのところは男の子も入ったようです。

「男の子もはまってね。おやつないから。なんとなく、おねだりっぽいような。この日だけは許される、みてえな。


「今の言葉でいえば、カドヅケなんだよね。大目に見られてやったよね。」

お囃子を歌いながら子供たちが家々をまわってお菓子などをもらう・・・想像しただけで、楽しい雰囲気が伝わってきます!
なんか、アメリカのハロウィーンも、似てますね。

それにしても、このような行事はいつまで行われていたのでしょうか?

「6年生くれえまでだなあやっても。」(Oさん)
「先輩がやらないから、私もたぶん低学年の頃で終わった。」(Yさん)

Oさんが6年生だったのは、昭和28年頃。Yさんが3年生だったのは、昭和36年頃です。

「昭和35、6年。そこから高度成長になるから、そんなことする人なくなった。」
とのお話でした。


ところで、皆さんから
「今もどっかでやってるっけがね。テレビで。」
とのお話がありました。

カセドリ、全国的にもある行事なのでしょうか??

ウィキペディアに、カセドリ、の項目がありました。
*****************************************************
カセ鳥(カセどり)は、山形県上山市で毎年2月11日に開催される旧暦小正月の祭事。名称は「稼ぎ鳥」または「火勢鳥」に由来しており、商売繁盛や火伏せを祈願するための行事とされている[1]。

祭りが始まると、数人の若者たちが「ケンダイ」とよばれる藁蓑を身にまとい、からかさ小僧にも似た妖怪「カセ鳥」に扮し、上山城前の焚き火を囲み「カッカッカーのカッカッカー」と歌いながら踊り回る[2]。町の住民たちは踊っているカセ鳥たち目掛け、冷水を勢いよく浴びせる。真冬の北国で冷水を浴び、ときにはその水が凍りつくこともあるという過酷な状態の中、カセ鳥はなおも踊り続け、町へ降りてさらに踊り続ける。踊り終えたカセ鳥たちは、住民たちから酒や祝儀を振舞われる。頭に手拭をくくりつけられることもあるが、これは商売繁盛の呪い(まじない)とされる。また水をかけられるのは、水商売の繁盛を祈る意味もあるといわれる[1]。

上山地方では寛永年間からこの祭りが行われており、1896年(明治29年)以降は途絶えていたものの、上山市でこの行事を復活させようと活動が始まり、1959年(昭和34年)に再現され、1986年(昭和61年)にはカセ鳥保存会が結成され、後に至っている[3]。

また、かつては上山市だけではなく、日本全国で小正月に蓑をかぶった者が人家を訪ね、このように「カッカッカ」と鳴いて祝儀をもらうという風習があったといい、秋田県の民俗行事として知られる「なまはげ」など、類似性の見られる行事も多い。祭日に異形の姿を纏った者が現れるという点で、ケルトの伝統行事であるハロウィンと共通しているとの指摘もある[1]。
(ウィキペディア「カセドリ」)
***********************************************************

上山のカセドリは、「蓑笠」を着て、「冷水を浴びせられる」のですね!
柳田国男の文章では、気仙郡のカセドリは、「成年男子」「鳴子」「蓑笠」ではありますが、「冷水」を浴びせられる代わりに、餅をもらっています。

そして、Yさんの話では「女の子」が「たも」で「餅・だんご・お菓子」をもらう行事に変化していますし、Dさんの話でも「鳴子」は残っているものの、「ざる」で餅・だんご・お菓子をもらったようですから、いずれ「蓑笠」はなくなっています。
いつの頃からか、蓑笠を着るのは省略され、子供たちが餅やお菓子をもらって歩く行事に変化したようです。
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-04-06 07:38 | 年中行事

真っ赤の大根と生きたどじょう???-大根の年取り・恵比寿講-

◆「まっかの大根」と「生きたどじょう」を神棚に供える

米中仮設の集会場で、12月に、「まっかの大根」と「生きたどじょう」を神棚に供えた、というKさんのお話をお聞きしました。Kさんは、子供の頃は高田町大石という山手で育ったので、その時の思い出だそうです。

まっかの大根?真っ赤な大根のことですか???とお聞きしましたら、「赤い大根でねぐ、『まっか』、二股になっている大根だ」ということ!
それを、色っぽいことに、嫁ご大根、と呼んだりもするのだそうです、うふふ。

・まっかの大根(足出てるのね)それさ、どじょうすくってこ、って言われて、どじょうすくって、神様に母さんがど上げたったな。生きてるやつ。まっかは二股のこと。家は高田町の山(の方)。一中のそば。田んぼあって。かならず、二股の大根と、オスと、一緒に上げんだっけな。(Kさん)


ええ~??生きたどじょうを神棚に供える???大根とともに???
たくさんの?マークが浮かんできました。

それにしても、オスの大根!は、まっすぐな大根らしいです。
いわゆる、金精様的な。おお~

それを受けて、米崎町のMさんが、おうちでの経験を話してくれました。

・オエビス様のとき、エビス大根、ってね。十二月あたり、恵比寿様の日だかなんだか、二股の大根と、あとほら男大根と、神様さ上げた。御膳さ揃えて上げたもんだ。神棚でなく、シタメエ(下前)さ。そろえて上げたもんだでば。それさ浜のお魚上げた(Mさん)


お二人のお話しから、Mさんは浜が近いから浜の魚を、Kさんは山手なので、川の魚を供えたんでないかな、と推測も、同席の皆さんからは語られていました。
(そしてやっぱり、二股大根と、オスの大根・男大根はセットなわけですね)

気仙郡語彙集覧稿を引くと、まっか大根のことや、恵比寿講、大根の年取りについて、それぞれ書いています。これをみると、どうやら、12月20日の、魚を供える恵比寿講と、12月10日の、まっか大根を供える「大根の年取り」が、家庭によっては、時期が近いため一緒に行われたのではないか、と思われます。(続く)
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-03-03 16:59 | 年中行事