気仙茶聞き書きおまけ編~気仙のお茶っこ飲み民俗学~

kesenfolk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:歌( 1 )

からすからす勘三郎

聞き書き集には、昔の年中行事で歌った唄なども採譜して掲載する予定です。
先日は、信頼するピアノ教師の知人と合流し、音源を聞きながら、記譜の確認などしてもらいました。

その中に「カラスカラス 勘三郎 あの山 火事だ 鳶口ぐって 走れ」という、夕方カラスに向かって歌った唄も収録したのですが、それをネットで検索していたら、佐賀県立図書館で、全く同じ歌詞で、メロディーが違う、歌の音源を公開していました!興味深いです。聞き書き集も、本当はところどころ、音声データで公開すればいいのかもしれません。

佐賀県立博物館のデータは、「からす勘三郎 火事」と検索してみたりすると、データベースにつながります。そして、音声で聴く事ができます!!(リンクフリーではないようなので、ご自身で見つけてみてください)
それにしても、佐賀県立博物館、すごい!

ところで「鳶口 ぐって 走れ」の「ぐって」の意味は、分かる方いらっしゃいませんか?
(全体的には、「火消し・消防の持つ「鳶口」を持って山火事を消しに行け、カラスよ」という意味合いだそうなのですが・・・)

・・・と、FBでよびかけたら、「ぐって」は「食って」、口にくわえて、という意味ではないか、という説が寄せられました。なるほど~カラスは鳶口を手に持っていくことはできませんからね。有力な説登場、という感じです。

他にも、解釈や説をご存じな方、是非教えてください!


それから、この歌詞は、全国的に歌われていたのでしょうか??
(今のところ、ネットで検索すると、佐賀県と、福島県会津で、この歌を歌ったというのが見つかりました)

求ム情報、です。
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-04-08 11:04 |