気仙茶聞き書きおまけ編~気仙のお茶っこ飲み民俗学~

kesenfolk.exblog.jp
ブログトップ

しづけけえこ(躾稽古)

◆躾稽古(しづけけえこ)

・この辺では、伊達藩の「しづけけえこ」(躾稽古)っていうんだけど、そういう文化が残ってるんです。作法の、小笠原流のね。代々やってる家で、その人達が、躾稽古(しづけけえこ)、って作法と一緒に、料理も教えて歩いたんです。だから【冠婚葬祭の】家の料理には、みんな袴履いた「中座(ちゅうざ)持ち」ってね。「お召し上がりください」とか「お控えください」とかって司会役をやって。
作る人は行って作ったりね、そういうことする文化。ゆべしも羊羹もがんづきも、作る方がいて、昔の、昭和の二十年代三十年代は、その人を頼んできて。はい羊羹つくる、はいゆべし作る、はいがんづき蒸かすって。よかちんさんという人は最後までやった方だけど。踊りっこ踊るんだでば「はよっかちん、よっかちん」ってね。料理その人頼んでたから、必ず婚礼にも出るでしょ。
・昔は泊りがけで練習したもんです。母親のおじんさん【おじいさん】がわかってた。一週間から十日くらい、その地域に泊まって、作法教えたり。水引のやり方とか、たたみかたとか。かあさんのおじいさんがやって、よく語ってきかせられた。
買うもんじゃなく作るもんだってね。同じお金で、買うより作れば大きいのができるでしょ。手間暇かけてやるということ。
・【躾稽古では】作法と、謡、高砂とか四海波とか、料理と、ややもすれば踊りまで。座敷踊り。よくやってるのは、「おいとこ」なんか。
昔、専門のお稽古の教室がないから、そういう人を頼んで、農閑期に、一週間どこそこの家に泊まって、みっちり教わろうって。「しづけがたけいこ」って男の人ね。
・女の人達もやった、わたしたちは。礼の仕方もいくつかあって。
・まな板があってね、こういう魚の作り方もね、母の実家にありましたよ。伊達藩のハンコを付いた。免許皆伝だったんですね。おらはそんなので飛行機作って遊んだがねえ。【その文書が】かごに入ってありました。そういう人が町内に一人か二人かいて、お振る舞いの時、迎えるから「本日は」から始まってね。高砂終わってお膳だ、となっても、その人言わなきゃお膳運べなかったのね。
・中座持ちに従って、下回りの人は動かなきゃねえの。
うちのお父さんは、全部食べ上げて、「すいません、お茶ください」って言ったのね。「ちょっとお待ちください。みんな召し上がるまではお待ちください」終わったらこう見て「ただ今よりお茶を差し上げます」ってね。自分が飲んでみて、ちょうどいいなら「ちょうどいい湯加減ですから、どうぞお召し上がり下さい」ってね。
・中座持ちは腹減っててやれってね。婚礼に来る人達お腹すいてるから、中座持ちお腹一杯だと気持ちわかんねえから。(米中仮設にて)
[PR]
by kesencha-minzoku | 2016-03-01 11:33 | 習慣・風習