気仙茶聞き書きおまけ編~気仙のお茶っこ飲み民俗学~

kesenfolk.exblog.jp
ブログトップ

真っ赤の大根と生きたどじょう???-大根の年取り・恵比寿講-

◆「まっかの大根」と「生きたどじょう」を神棚に供える

米中仮設の集会場で、12月に、「まっかの大根」と「生きたどじょう」を神棚に供えた、というKさんのお話をお聞きしました。Kさんは、子供の頃は高田町大石という山手で育ったので、その時の思い出だそうです。

まっかの大根?真っ赤な大根のことですか???とお聞きしましたら、「赤い大根でねぐ、『まっか』、二股になっている大根だ」ということ!
それを、色っぽいことに、嫁ご大根、と呼んだりもするのだそうです、うふふ。

・まっかの大根(足出てるのね)それさ、どじょうすくってこ、って言われて、どじょうすくって、神様に母さんがど上げたったな。生きてるやつ。まっかは二股のこと。家は高田町の山(の方)。一中のそば。田んぼあって。かならず、二股の大根と、オスと、一緒に上げんだっけな。(Kさん)


ええ~??生きたどじょうを神棚に供える???大根とともに???
たくさんの?マークが浮かんできました。

それにしても、オスの大根!は、まっすぐな大根らしいです。
いわゆる、金精様的な。おお~

それを受けて、米崎町のMさんが、おうちでの経験を話してくれました。

・オエビス様のとき、エビス大根、ってね。十二月あたり、恵比寿様の日だかなんだか、二股の大根と、あとほら男大根と、神様さ上げた。御膳さ揃えて上げたもんだ。神棚でなく、シタメエ(下前)さ。そろえて上げたもんだでば。それさ浜のお魚上げた(Mさん)


お二人のお話しから、Mさんは浜が近いから浜の魚を、Kさんは山手なので、川の魚を供えたんでないかな、と推測も、同席の皆さんからは語られていました。
(そしてやっぱり、二股大根と、オスの大根・男大根はセットなわけですね)

気仙郡語彙集覧稿を引くと、まっか大根のことや、恵比寿講、大根の年取りについて、それぞれ書いています。これをみると、どうやら、12月20日の、魚を供える恵比寿講と、12月10日の、まっか大根を供える「大根の年取り」が、家庭によっては、時期が近いため一緒に行われたのではないか、と思われます。(続く)
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-03-03 16:59 | 年中行事