気仙茶聞き書きおまけ編~気仙のお茶っこ飲み民俗学~

kesenfolk.exblog.jp
ブログトップ

あさばみ

・年寄りは朝ごはん前にお茶飲むね。子供たちも「アサバミ」だって起きっずっと、何かかせ(食わせ)られたね。まず、干し柿だったり。ご飯前に何かかせられたね。飴玉一個でもね、干し柿一個でも、まず節節のもの。(Sさん)
・一応の習慣として、朝食の前に、アサバミ。起きてから時間があったから。(Kさん)
・「ほらほらほら、アサバミだ」って。高田町に行った時に、高田町で買ってくるんだべね。昔は子供7人8人だもんね。6人5人は少ない方だもんねえ。(Kさん)
(以上、140324 広田水産グランド仮設での聞き取り)

・子供でも何かお手伝いしたもんですよね。昔は炉辺で火を熾すから、その周りの板の間がほこりで白くなって、それを板拭きして。それ終わると「あさばみけっから」って、ごほうびで。なべやきの残りとか。なべやきにご飯いれたものとか。
(以上、141119米小仮設での聞き取り)

気仙郡語彙集覧稿を引いてみます。
****************************************************
アサバミ・・・【朝食】アサナガシに同じ。
バミは『万葉集』の「瓜ハメば子供思ほゆ栗ハメばまして偲はゆ」の食むの転。武士が禄をはむというのがその動詞形である。
アサバミは旧伊達領のみにあり、旧南部領のアサナガスに対峙するような形となっている。しかし世田米あたりではアサナガシと老人がいう。気仙の食事は次の通り。

①アサバミ 午前5時前頃。朝食前の軽い食事。小豆バット、蕎麦餅、小麦餅などをたべる。
②朝飯 午前7時~8時頃
③タバゴ 10時~11時頃。蕎麦餅、ナリイモ(馬鈴薯)、カマ餅、コーセン等。
④オヒル 12時~1時。
⑤コジューハン (小昼飯) 3時頃。握飯、麦飯で年に4~5回位。
⑥ユーメシ 5時~8時頃。
⑦ヨーナガ ヨワリ(夜業)をした時に食べる。干柿、栗の実、干しあわび、鯣(するめ)、蕎麦餅、蕎麦切、蕎麦ネッケァ等が主なものであった。
****************************************************

アサバミは、西の方でいえば「おめざ」でしょうか。
[PR]
by kesencha-minzoku | 2015-04-05 09:01 | 習慣・風習